*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ
今夜予定通り、「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」のデジタル・リマスター版を観に行ってきました

この映画、大学生のとき初めてレンタルで借りてみたんですが、それ以来理屈抜きで好きな映画の1つです。
ゲイとストレートのお話だし、セックス、ドラッグ、マスターベーション何でもありなので過激といえば過激なのかもしれませんが…そんな表面的なもの、私にとってはどうでもいい感じがします。

とにかくジェーン・バーキンがセクシー過ぎる!!
ガリガリだし胸もないのに、なんでこんなにそそられるのか。。。
女の私でもゾクッとしちゃいます。
口から飛び出してくるフランス語は…まるで小鳥のさえずりのよう。

そして名曲「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」、これも最高ですw




ジェーン・バーキン以外はきったない描写多いし、ストーリーの展開は唐突だし、ゲイとストレートのセックスだから観ていてとても痛々しいけど…なぜかとても惹きつけられるんです。


ジュ・テーム…愛してる…

  モワ・ノン・プリュ…俺もそうじゃない…


最初はチンプンカンプンだったこのやり取り。
とりあえず耳触りがいい男女の受け答えだし、最初はあんまり気にしなかったんですが、でもどうも気になって調べてみたんですね、いろいろと。
だって…「愛してる」って言ってる女に対する男の応えが「俺『も』そうじゃ『ない』」ってやっぱ変でしょう?

そしたらやっぱり深かった。
女の「愛してる」は、表面的な言葉。
恋に恋してる状況から、相手に発してしまった言葉。
男はそれをわかっていて、でも女の全てを受け止めているから、「俺もそうじゃない=俺も愛してないよ」という返答に。



セルジュ・ゲンズブール…自分の嫁さん使ってこんな映画よく撮れたなぁと思わなくもないですが、ジェーン・バーキンも当時は彼のことを本当に愛して信頼していたからこそ、応じたんでしょうね。

今回、上映前に現在のジェーン・バーキンのインタビューが数分ありました。
すでに亡くなってしまった元夫への愛情がとても感じられるもので、より映画を楽しむことができました


飾らない彼女、大好きなんですが…その彼女にちなんで作られたバーキンがなんであんなに高いのか
いつかバーキン買って、彼女がそうしたように、散々土足で踏んで引っ張ってから使ってみたいなって思います






関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

さちこ

Author:さちこ
ダイ…ロングコートチワワ♂、6歳
キャンディ…バセットハウンド♀、5歳
ハナ…バセットハウンド♀、1歳
ミュウ…雑種♂(去勢済み)、推定6歳

いや~、毎日賑やかです(^^


にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
↑にほんブログ村に参加しています。

最新記事
最新コメント
家族になりたい
FC2カウンター
にくきゅう
クリックしてみてね♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。