*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
震災に備えたペットに関するアドバイス by ペットビジョン
昨夜の静岡であった大きな地震…不安な一夜をお過ごしになられた方も多いと思います。
京都も揺れました。。。
ちょうど地元の親友とメールのやりとりをしてる最中だったので、怖くなってそのまま電話で喋りました。
さきほどからは原子炉で爆発があったというし…落ち着かない日々が続いていますね。

テレビでは世界各国から応援メッセージが届いていると紹介されていますが、Facebookでも沢山のメッセージが流れています。
熱くなりますね。。。


さて。
今回の東日本大地震に被災したペットに関する情報、また、地震に対するペットの備えについて、いつも通販で利用させてもらってるペットビジョンさんから届いたメルマガが非常に役立つように思いますので、勝手に?転載させていただきます。



3月11日に発生いたしました、東北地方太平洋沖地震にて被害を受けられた
 地域の皆様に、謹んでお見舞い申しあげますと共に、一日も早い復旧を心よ
 りお祈り申しあげます。


 また、被災地でペットを飼われている方に関する救援情報が大変少ない中
 財団法人日本動物愛護協会、社団法人日本動物福祉協会、公益社団法人日本
 愛玩動物協会、社団法人日本獣医師会で構成される
 【緊急災害時動物救援本部】により、「被災地の自治体と連絡を取り、状況
 把握に努めていますが、とりあえず、宮城県、仙台市、盛岡市に動物救援物
 資の拠点となる場所を確保できました」との報告が確認することが出来まし
た。

 財団法人 日本動物愛護協会より転載
 http://k.d.cbz.jp/t/hl15/a0a0g1v08izxumsjp9


 避難所での生活は、人間同様ペットもストレスを感じています。
 なるべく飼い主が側にいて、いつもよりたくさん声をかけたり、
 撫でたりして気にかけてあげましょう。


 まだ各地域で余震が続き、予断を許さない状況が続いているかと思います。
 飼い主様とペットに少しでもお役立ちできるよう震災に備えたアドバイスを
 まとめましたのでご参考ください。


 ---------------------------------------------------------------------
 < 迷子対策 >
 ---------------------------------------------------------------------
 大きな音や大きな揺れの地震に怯え、飛び出してしまう場合があります。

 鑑札・迷子札・マイクロチップの装着などで、ペットを迷子にさせないよう

 お気をつけください。首輪等つけられないペットに関してはケージなどに名

 を記入し対策をして下さい。

 また、避難する際には必ず飼い主と一緒に避難してください。
 後で迎えに行こうと思っても二次災害で迎えにいけない場合があります。


 ---------------------------------------------------------------------
 < 必要なもの >
 ---------------------------------------------------------------------

  □フード
    最低でも3日分。日頃から食べ慣れているフードを用意しましょう。

  □お水
    ペットボトルタイプのものがおすすめ。

  □クレート、ケージ
    避難所での部屋になります。クレートに慣れていないペットは、
    クレートの中でも落ち着けるようにならしましょう。
    また、ふだん使っているもオモチャなど、自分のニオイつきのものが
    あると落ち着きます。

  □ケージを覆う布
    特にネコちゃんや小動物の場合、慣れない避難所で生活は大変な
    ストレスになります。目隠しをして落ち着かせましょう。

  □首輪、リード
    はぐれないためにも、丈夫かどうかを確認しておきましょう。

  □食器
    折りたたみ出来るような軽いものがおすすめ

  □シーツ・ネコ砂、携帯用トイレ、ウンチ袋
    トイレは折りたためる携帯用などがおすすめ。シーツの上でしか
    おトイレできない子は必ず用意しましょう。

  □ワンちゃんの場合は犬用のクツ
    震災時は、瓦礫などで足を怪我しやすくなります。特にクレート
    での移動が難しい、大型犬におすすめ。

  □ワクチン証明書や写真など
    ペットを預ける場合にあると役立ちます。また写真があると
    はぐれた時などにも役立ちます。

  □お薬
    いつもお薬を飲ませている子は必ず、一緒に持っていきましょう。



 最後に、避難所ではペットを禁止している場合があります。
 避難所へのペットと同行につきましては、お住まいの地域の行政機関に
 問い合わせてみてください。
 また、ペットを預ける場合は、必ず信用できる団体へ預けましょう。



以上。

まんま転載しましたので、多少見にくいかもしれませんがご了承ください。


福島の原子炉…これから一体どうなるんだろう。。。


関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

さちこ

Author:さちこ
ダイ…ロングコートチワワ♂、6歳
キャンディ…バセットハウンド♀、5歳
ハナ…バセットハウンド♀、1歳
ミュウ…雑種♂(去勢済み)、推定6歳

いや~、毎日賑やかです(^^


にほんブログ村 犬ブログ バセットハウンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット 多頭飼いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
↑にほんブログ村に参加しています。

最新記事
最新コメント
家族になりたい
FC2カウンター
にくきゅう
クリックしてみてね♪
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
フリーエリア
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。